扁桃腺の腫れや痛みに働きかけるハレナースとペラックですが、どっちがおすすめなのでしょうか?

またハレナースの効き目や飲み合わせなども調べてみました。

ハレナースとペラックはどっちがいいの?

ハレナースとペラックは、扁桃腺の腫れや痛みに働きかける第3類医薬品ですが、どっちがおすすめなのか調査しました。

(ハレナースとペラックの違いは?)

・ペラックの成分
ペラックにはトラネキサム酸750mgやカンゾウ乾燥エキス198mg、ピリドキシン塩酸塩50mg、リボフラビン12mg、L-アスコルビン酸ナトリウムなどが配合されています。

・ハレナースの成分
ハレナースの成分はペラックと同じのため、主だった違いはないようです。
また、配合量も全く同じになっているので、成分や成分量だけを見るとどっちがおすすめ?という判断は難しいところです。

(どっちがおすすめ?)

ハレナースとペラックは、似ている第3類医薬品のため、どっちがおすすめか難しいところですが、決定的に違う部分があります。

・違う部分
ペラックは錠剤となっていて、水かぬるま湯で服用しますが、ハレナースは顆粒のため水なしでも服用できます。

そのため、飲みやすさはどっち?という点では、ハレナースになるでしょう。

薬は飲みやすさも大切なポイントになりますが、特に外出先での服用は水なしでも飲めるタイプが理性的です。

ハレナースとペラックを比較して、どっち?と迷った場合はハレナースがおすすめです。

効き目は?口コミから実態を調査!

ハレナースの効き目はどうなのか、口コミから実態を調査しました。

(効き目を調査!)

・のどの腫れや痛みがありハレナースを使用したところ、効き目はそこそこ実感しました。

・扁桃腺の痛みが酷くなる前の方が効き目はあると思います。

・のどに痛みがあると早めにハレナースを服用していますが、大抵の場合効き目を感じています。

・のどの腫れや痛みだけではなく、口内炎の時にも服用していて、効き目はあると思います。

ハレナースの効き目について口コミを調査したところ、効き目を実感している人が多く、『早めに服用している。』という口コミが多い傾向です。

(効き目を実感していない口コミは?)

ハレナースの口コミを調査したところ、少数ですが効き目を実感していない感想もありました。

・扁桃腺の腫れがかなり酷くなりハレナースを服用しましたが、効き目は実感できませんでした。

・軽いのどの痛みだと効き目はありますが、酷くなると効き目はないです。

・のどの腫れを感じたらひどくなる前に服用する薬だと思います。

効き目を実感していない口コミを調べたところ、症状が悪化してからハレナースを服用している人が多い傾向です。
ハレナースは、扁桃腺の腫れや痛みがひどくなる前の服用が理想的です。

ハレナースの口コミを調査した結果、効き目を実感している人が多く、『症状がひどくなる前に服用している。』という人が主流です。

飲み合わせはできないの?

ハレナースは第3類医薬品のため、飲み合わせについて把握しておきたいところです。
そこで、何との飲み合わせを避ける必要があるのか調査しました。

(飲み合わせについて調査)

ハレナースの公式サイトを調べたところ、飲み合わせについての注意事項がありました。

・飲み合わせについて
ハレナースを服用している間は、甘草又はグリチルリチン酸を含む内服薬との飲み合わせは避ける必要があります。

また、トラネキサム酸を含有する内服薬との飲み合わせも避ける必要があり、一例として鼻炎用内服薬や風邪薬、解熱鎮痛剤、鎮咳去痰薬等となっています。

飲み合わせについてはしっかり守ることが大切で、守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなるなどが考えられます。

(処方薬との飲み合わせは?)

・病院から処方されている薬がある場合
ハレナースの公式サイトを見ると、『病院から処方されている薬がある場合は医師、薬剤師、登録販売者に相談してください。』という説明があります。

そのため、ハレナースとの飲み合わせについては、第3類医薬品という点を把握して、安易な飲み合わせは避けることが大切です。

また、体質や体調には個人差があるので、ハレナースとの飲み合わせについては独断を避け医師への相談をおすすめします。

ハレナースの副作用は?

ハレナースは、扁桃腺の腫れや痛みに働きかける第3類医薬品ですが、副作用について調査しました。

(副作用について調査)

ハレナースの公式サイトを調べたところ、副作用について下記のような注意事項がありました。

・皮膚
発疹、発赤、かゆみ

・消化器
吐き気、嘔吐、胸焼け、食欲不振もしくは食欲増進、胃部不快感、胃部膨満感

・精神神経系
めまい

・その他
頻尿

『ハレナースを服用後、これらの症状が起きた時は副作用の可能性があるため、直ちに服用を中止して製品の添付文書を持ち医師、薬剤師、又は登録販売者に相談すること。』となっています。

・偽アルドステロン症、ミオパチー
手足のだるさやしびれ、つっぱり感やこわばりに加えて脱力感、筋肉痛があらわれ徐々に強くなる。

この症状については、『まれに重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の相談を受けること。』となっています。

ハレナースは第3類医薬品のため、副作用についての注意事項を事前に確認する必要があります。

(してはいけないこと)

ハレナースの公式にある使用上の注意事項として、『してはいけないこと』があり、『守らないと現在の症状が悪化したり副作用が起こりやすくなる。』となっています。

・してはいけないこと
ハレナースを服用している間は、『甘草又はグリチルリチンを含む内服薬の服用』、『トラネキサム酸を含有する内服薬』などの服用を避け、長期連用しないとなっています。

また、『相談すること』という注意事項欄もあるので、ハレナースを使用する際は副作用や使用上の注意についての説明をしっかり確認することが大切です。

ハレナースの成分を調査!

ハレナースは、扁桃腺の腫れや痛みに水なしで飲める第3類医薬品ですが、どんな成分を配合しているのか調査しました。

(成分を調査)

・トラネキサム酸
抗炎症作用のある成分で、のどの痛みや腫れ等の症状に働きかけます。

・カンゾウエキス
主成分グリチルリチン酸の抗炎症作用によって、のどの痛みや腫れ等に働きかけます。

・粘膜の機能に働きかける成分
ハレナースには、ピリドキシン塩酸塩やリボフラビンなどの成分が配合されていて、これらの成分は粘膜の機能を正常に働かせる作用があります。

・体力消耗時のビタミン補給に
ハレナースは体力消耗時のビタミン補給として、ビタミンCナトリウム『L-アスコルビン酸ナトリウム』が配合されています。

・添加物
ハレナースの添加物は、エリスリトールやアルファー化デンプン、二酸化ケイ素、タルク、カラメル、無水ケイ酸、I-メントール、香料などの成分が含まれています。

(成分に関する注意事項)

ハレナースの成分に関する注意事項として、公式サイトに下記の2点が記載されています。

・ハレナースに配合されているリボフラビンにより、尿が黄色になることがあります。

・ハレナースの服用により、尿及び便の検査値に影響を与えることがあります。

医師の検査を受ける場合は、成分としてビタミンC含有製剤の服用を医師に知らせる必要があります。