食物繊維が豊富なオートミールは、多く取りすぎるとお腹の不調に繋がります。食物繊維の適切な摂取量を守りましょう。ゴロゴロが続く場合は市販の整腸剤の力を借りることも検討してみてください。

オートミールでお腹がゴロゴロする原因

オートミールの食べ過ぎが原因と考えられます。
栄養価が高く、腹持ちの良いオートミールは、ダイエットや美容効果の期待できる人気の食品ですが、食べる量には注意が必要です。

原因は食物繊維の多さ

オートミールにはたくさんの量の食物繊維が含まれており、食物繊維の取りすぎが原因でお腹がゴロゴロすると考えられます。

食物繊維を取りすぎることで起こる症状は、お腹がゴロゴロする他にも、便秘、下痢、おならがよく出るという症状があげられます。

オートミールの食物繊維の量は、白米の18.4倍、玄米の3倍です。現代人に不足しがちな食物繊維を効率よく摂取することができますが、食べる量を調節しなければ食物繊維の取りすぎに繋がりやすいといえます。

ちなみに、食物繊維の目標摂取量は、18~69歳では1日あたり男性20g以上、女性18g以上とされています。

お腹がゴロゴロするときは量を減らす

オートミールを食べてお腹がゴロゴロするという人は、オートミールを食べ過ぎている可能性があります。1食あたりに食べる量を減らしてみてください。または、1日3食オートミールを食べている人は2食に、2食食べている人は1食にと、回数を減らすという方法もあります。

厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日あたりの食物繊維の目標摂取量は18~69歳で男性20g以上、女性18g以上となっていますが、「1日に1回、規則正しい排便がある」ということも重要なポイントとなっています。体からのサインに注意しましょう。

オートミールの食物繊維の含有量は100gあたり9.4gです。つまり、約200gが1日の摂取量となります。200gを目安とし、取りすぎている場合は減らすことをおすすめします。

市販の整腸剤も活用してみる

お腹のゴロゴロが治まらないという場合は、市販の整腸剤を服用してみるのもひとつの手です。

整腸剤には腸内環境を整えてくれる効果があるので、食物繊維を取りすぎたことによる腸内環境の乱れを整え、症状が改善することが期待されます。

下痢や便秘の症状がひどい場合は下痢止めや便秘薬の服用を検討しましょう。お腹の張り、ガスが溜まるという症状には小林製薬のガスピタンの服用がおすすめです。

また、冷たいもの、辛いもの、カフェイン、アルコール、脂っこいものは胃腸を刺激します。お腹がゴロゴロすると感じている時は、症状が悪化する可能性が考えられるので控えてください。

まとめ

オートミールは食物繊維が豊富です。食物繊維の取りすぎはお腹のゴロゴロの原因となります。オートミールの食べる量は1日約200gが適量です。食べ過ぎている方は量を減らしてみましょう。

お腹の不調が治まらない時は、症状に合わせた市販の整腸剤の服用を検討してみてください。