薬の飲み合わせは気をつけたいところですが、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)とロキソニンの飲み合わせは大丈夫なのか調査しました。

西洋薬と漢方薬の飲み合わせについて

ロキソニンなどの西洋薬と苓桂朮甘湯のような漢方薬は、飲み合わせができないということはないようですが、漢方薬の種類によっては相互作用が考えられます。

・飲み合わせは医師や薬剤師に相談を!
ロキソニンと苓桂朮甘湯を飲み合わせる場合、個々によって体質には差があるので、自己判断は避け医師や薬剤師に相談することが大切です。

ロキソニンのような解熱鎮痛剤は、胃への負担が考えられるため、安易に色々な薬を飲み合わせない方が良いようです。

(ロキソニンと苓桂朮甘湯の違い)

頭痛には緊張型頭痛や偏頭痛などがあり、頭痛の原因によって対処法は変わってきます。

・ロキソニンを飲むケースの頭痛
ロキソニンは、今の頭痛に対し対処する目的が一般的です。

・苓桂朮甘湯を飲むケース
苓桂朮甘湯は、漢方で考えられている水滞に働きかけるため、ロキソニンの使用用途とは異なります。

苓桂朮甘湯は、頭痛に対しても効果・効能が期待できるものの、ストレスからくる頭痛に向いているので、ロキソニンと苓桂朮甘湯を飲み合わせる機会は少ないでしょう。

いづれの場合でも、薬の飲み合わせには十分な注意が必要なだけに、『苓桂朮甘湯とロキソニンは飲み合わせできる?』という時は、担当医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

苓桂朮甘湯は更年期の対策にもおすすめ?

更年期の対策に漢方薬を使用するケースもありますが、苓桂朮甘湯は更年期対策にもおすすめなのか調査しました。

(更年期にもおすすめ?)

・苓桂朮甘湯の効果・効能
苓桂朮甘湯に期待できる効果・効能は、めまいや耳鳴り、頭痛、立ちくらみ、動悸、息切れ、神経症、神経過敏などです。

更年期の症状は人それぞれですが、苓桂朮甘湯に期待できる効果・効能に該当する場合、苓桂朮甘湯を使用するのも一つのケアに繋がります。

・漢方選びの決め手は『気・血・水』
東洋医学では、『気・血・水』の要素が身体を構成し、互いに影響しながら支え合っていると考えられています。

そのため、『気・血・水』の内どこに問題があるかによって、漢方薬の種類が変わってきます。

(更年期対策に使用される漢方は?)

更年期対策に効果的な三大夫人薬と呼ばれるものがあり、苓桂朮甘湯には三大夫人薬にも使われている成分が配合されています。

その成分はブクリョウやケイヒなどですが、これらを配合した苓桂朮甘湯は、更年期対策にも期待できます。

・苓桂朮甘湯の効能に合った使い方で!
更年期は、動悸や神経過敏になるケースが多いので、これらの症状は苓桂朮甘湯の効能に該当しています。

苓桂朮甘湯を使用する目安は、『効果・効能に該当しているか』という点になるので、自分の更年期の悩みが該当していれば、苓桂朮甘湯の使用は対策に繋がるでしょう。

苓桂朮甘湯の口コミの感想は?

苓桂朮甘湯は、4種類の生薬を配合した漢方薬ですが、評判はどうなのか口コミの感想を調査しました。

(悪い口コミ)

・友人から紹介され苓桂朮甘湯を始めましたが、2週間継続しても効果なしです。

・耳鳴りの改善を目的に苓桂朮甘湯を購入しましたが、3週間飲んでも変化はありません。

・神経過敏の症状が和らいだものの、めまいへの効果は実感していないです。

苓桂朮甘湯の悪い口コミを見ると、短い期間に高い効果を期待している人が多いようです。

(良い口コミ)

・やっと自分に合った生薬が見つかり、耳鳴りを感じる機会が減っています。

・めまいを感じるケースが多く苓桂朮甘湯を始めたところ、最近はめまいを感じる頻度が減りました。

・ストレスから来る頭痛が減り、神経過敏な点も気にならないです。

・動悸や息切れを感じるケースが減ったので、今後も苓桂朮甘湯を継続したいです。

苓桂朮甘湯の良い口コミを見ると、『めまいや耳鳴りなどの症状に変化があった。』という感想が多数あります。
また、継続を考えている人の口コミが多い傾向です。

(口コミを調査した結果)

・評判は良い!
苓桂朮甘湯の口コミを調査した結果、効果を実感している人がほとんどのため、評判は本当に良いようです。

・継続も大切
苓桂朮甘湯の悪い口コミを見ると、使用から1ヶ月未満の人が主流で、良い口コミは1ヶ月以上継続している人がほとんどです。

そのため、苓桂朮甘湯は継続も大切なポイントと言います。

苓桂朮甘湯の成分や副作用は?

苓桂朮甘湯は、耳鳴りやめまいなどのケアに使用されている漢方薬ですが、副作用を気にする方も多いと思います。
そこで、苓桂朮甘湯の成分や副作用を調査しました。

(苓桂朮甘湯の成分は?)

・4種類の生薬を配合
苓桂朮甘湯には、『ぶくりょう』『けいひ』『びゃくじゅつ』『かんぞう』などの成分が配合されていて、これら成分の漢字を一文字ずつ取って苓桂朮甘湯と名付けられています。

・水滞に働きかける
苓桂朮甘湯の成分は、水滞に働きかけることで耳鳴りやめまいをケアする漢方薬ですが、『水滞って何?』と疑問の方も多いと思います。

・水滞とは?
漢方では胃内停水で過剰な水分があったり、尿量が少なく体液の調節が上手くいかない症状を水滞といいます。

苓桂朮甘湯の成分に期待できる効果や効能は、耳鳴りやめまい、立ちくらみ、頭痛、動悸、息切れ、神経症、神経過敏などです。

(副作用がでる可能性は?)

・苓桂朮甘湯は第2類医薬品
苓桂朮甘湯は、サプリではなく第2類医薬品の漢方薬のため、副作用や注意事項については十分な確認が必要です。

・かんぞうが配合されている
苓桂朮甘湯は、かんぞうという成分が配合されているため、血圧値や血清カリウム値に十分留意することが大切です。

また、使用にあたり不安を感じる方は医師への相談をおすすめします。

苓桂朮甘湯の効果を徹底検証!

苓桂朮甘湯は、めまいや耳鳴り、頭痛などのケアに働きかける第2類医薬品の漢方薬ですが、どんな効果が期待できるのか徹底検証しました。

(めまいや耳鳴りの原因は?)

めまいや耳鳴りは様々な要因が考えられ、脳やストレス、耳、過労、睡眠不足、生活習慣などが関係していると言われています。

・東洋医学の考え方
東洋医学には、『気・血・水』の考え方があり、体調不良やストレスを受けるとこれらのバランスが崩れ、めまいや耳鳴りに繋がるケースもあるようです。

苓桂朮甘湯は、漢方の力で巡りを整える効果が期待でき、めまいや耳鳴りの改善に働きかけます。

(苓桂朮甘湯の効果を検証)

苓桂朮甘湯に期待できる効果・効能は、耳鳴りやめまい、立ちくらみ、頭痛、動悸、息切れ、神経症、神経過敏などです。

・成分から効果を検証!
苓桂朮甘湯には、ブクリョウやケイヒ、ビャクジュツ、カンゾウなどの薬草が配合されています。
これらの成分は水滞に働きかける効果が期待でき、漢方の力で耳鳴りやめまいなどをケアします。

胃内停水で過剰な水分があったり、尿量が少なく体液の調節がうまくいかない症状を水滞といいます。

この水滞がめまいや耳鳴りの原因の一つと考えられているため、苓桂朮甘湯は体内の水滞に働きかけめまいや耳鳴りの改善にアプローチします。

そのため、今まで色々試しても効果がなかった!という方にも、漢方薬の苓桂朮甘湯はおすすめです。